宝塚の「Zuka」アレルギーの「alle」公共の集まれる場という「広場」

から、「Zukalle(ヅカーレ)ひろば」とつけました。

気軽にアレルギーに関することをお喋りしましょう♪

ぷらざこむ1での開催になり、市外の方も来ていただけるようになりました!

不定期ではありますが、毎月1回開催していますので、開催案内から

日時をご確認の上、お気軽にご参加くださいね!お待ちしています♪

2017年09月27日

アナフィラキシーショック抑える物質を発見


メンバーからの情報です。

アナフィラキシーショック抑える物質を発見

とURLを送ってくれました。

ホームページによると、

アナフィラキシー反応(アナフィラキシーショック)を抑える物質を発見したと東京大学大学院の研究グループが2017年4月27日に発表した。
アナフィラキシーショックは、ハチに刺されたときや食物アレルギーで起こり、しばしば重篤な症状が現れる。
同グループでは今回の研究が治療法の開発につながることが期待されるとしている。

と、あります。

アナフィラキシーショックをおこすような可能性のある、重度のアレルギーがある場合、エピペンを処方されますが、このような研究が進むと、新しい治療法につながる期待がもたれますね。

posted by zukalle at 08:25| Comment(0) | アレルギー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

注射1回で!?


メンバーからの情報です。

Facebookより!実用化される日がくるといいね!

と、画像を送ってくれましたが、そのままをお伝えできないので、一部をご紹介させていただきますね。

「喘息や命にかかわるアレルギーなどの重篤なアレルギー疾患の患者が、生涯にわたって、症状が出ないように免疫反応を止めることができる注射が、10年以内に実用可能になる見込み」

以下、英文ですが、リンクをご紹介しておきますね。


アレルギー反応を抑えるのに、色んな研究がされていますが、安全に実用化されるまでには、人の労力や時間、他にもどれだけのものが費やされているんでしょうか。

今ある抗アレルギー剤も、たくさんの研究と治験の積み重ねで処方されていると思うと、「いつもの当たり前のお薬」だけではない感謝の気持ちもわいてきますね。

posted by zukalle at 16:40| Comment(0) | アレルギー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

全県にアレルギー拠点病院が!


メンバーからの情報です。

全県にアレルギー拠点病院 厚労省が報告書案

アレルギー拠点病院、兵庫はどこになるんだろう?

と、URLを送ってくれました。

アレルギーと言っても、皮膚科で皮膚の治療が必要なのか、負荷試験をうけて、経口免疫療法を始められるのか、花粉症なら耳鼻科かな、など、どこに診てもらえば良いのか、悩む事もあります。

拠点病院ができれば、院内の専門科で連携した治療が受けられるようになりそうですし、ホームページによると、

現在、国の中心的な病院としては、国立成育医療研究センター(東京都)と国立病院機構相模原病院(相模原市)がある。都道府県の拠点病院は、これらの病院とも連携し研修などを行う。

との事なので、地域による治療の格差が小さくなっていくのではないでしょうか?

信頼できる医師と出会い、治療を進めていくまでに、いくつも病院を転々としたという話も聞くので、こういう拠点病院ができれば、総合して診て貰えるので、嬉しいですね。

posted by zukalle at 19:13| Comment(0) | アレルギー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

Medical ID リストバンド


メンバーからの情報です。

このリストバンドが、買おう買おうと思いつつ、そのまんまになってる(^_^;)

と、URLを送ってくれました。


ホームページには
「「Medical ID リストバンド」はカナダ,アメリカなど世界8ヶ国で発売されている人気商品!
非金属素材で防水性に富んでいますので、金属アレルギーの方、学校などで金属製のものをつけづらい方、記載内容が頻繁に変わる方、プールや海など水にぬれるシーンなどにオススメ。」
とあります。

「お値段もリーズナブル!」
とも書いてあるのですが、子ども用のSサイズで税抜き1900円です。

すみません、個人的にはちょっと即決できない値段です(^_^;)

ただ、親と離れて動くことが多くなる小学生以上の子どもには、こういったものを身に付けておいてくれると、もしもの時の連絡先や対応に困らないですよね。

他にもブレスレットやペンダントなどに刻印するタイプもあるので、こちらは大人にも良いかも知れません。

こちらは、いいお値段のものになりますが、シルバーやステンレスで作られているので、当然ですね。

もしもの時の対応に備えるグッズの1つとして、ご紹介させていただきました。

ご興味のある方はホームページをご覧になってみてくださいね。

※掲載時の情報です。現在とは異なる場合がありますので、ご了承ください。

posted by zukalle at 16:29| Comment(0) | アレルギー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

アレルギー学会の市民公開講座


第66回日本アレルギー学会学術大会が群馬で開催されます。

6月25日(日曜日)13:30〜15:30
http://jsa66.umin.jp/citizen.html


1.スギ花粉症の新しい治療法 ―舌下免疫療法って効くの?安全なの?―
後藤 穣(日本医科大学多摩永山病院耳鼻咽喉科)

2.アトピー性皮膚炎 ―正しい外用・内服治療とこれからの新しい治療について―
天野 博雄(岩手医科大学医学部皮膚科学講座)

3.食物アレルギー ―最新の知見と学校での対策―
福田 啓伸(獨協医科大学小児科)

4.小児喘息の新しい考え方 ―こう変わった乳幼児喘息の治療―
重田 誠(重田こども・アレルギークリニック)

気になる項目ばかりですが、群馬は遠いですよね(^_^;)

市民公開講座はUstreamでライブ配信が行われるそうなので、ご興味のある方は、リンク先から詳細をご覧くださいね。

posted by zukalle at 09:18| Comment(0) | アレルギー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする