2020年03月07日

調理実習、サンドイッチ作り~小麦アレルギーの場合~


「6年生最後の調理実習でサンドイッチを作ることになりました」
と担任から連絡がありました。

その後、使用する食材と、調味料の案内が手紙で配られました。

食材には
サンドイッチ用パン・卵・ベーコン・きゅうり・キャベツ

調味料は
マーガリン・マヨネーズ

を使うと書いてありました。
参観の後の懇談会で、早めに話を聞いていたので、念のため、
ベーコン・マーガリン・マヨネーズ
の原材料が知りたいとお伝えしたら、調理実習の数日前に購入した商品のパッケージと原材料欄を印刷して渡してくださいました。

確認して、問題がない事を連絡帳で伝え、パンだけは持参するので、先にマーガリンを塗らせて貰うように伝えました。

うちの子のクラスは学年の中でも最終日だったのですが、初日が終わった時点で担任から電話がありました。

「パン屋さんのご厚意で、パンの耳をつけてくださっていて、それを調理するのに盛り上がったようです。いつもお持ちのパンは耳は無いですが、お子さんだけ無いのも可哀想なので、何か持たせていただくことはできますか?」
と。

丁度、ベーカリーで焼いている所だったので、持たせます、と伝えました。
普通の食パンのサイズで2枚分、耳もそれくらい、クラスの子には、先にマーガリンを塗らせて貰うなど話しはしてある、との事でした。

いつもきちんと子ども達にもアレルギーのある子への対応を伝えてくださっているので、特に不安はありませんでした😊

ただ、電話を聞いていた本人が
「ラスクって何なん?ホンマにおんなじようなの、作れるん?」
と調理実習を終えたクラスの子からも話は聞いていたようで、やや不安な様子だったのもあり、その場で焼き上がっていたパンの耳で、作ってやる事にしました。

DSC_4480.JPG

焼き上がった米粉パン、これは市販のミックス粉を使っています。

DSC_4477.JPG

穴が大きいのですが、ふわっふわです✨

DSC_4478.JPG

切り落とした耳をフライパンでバターで焼いて、砂糖をまぶしました。

DSC_4479.JPG

カリッと焼き上げて、食べさせてみると
「何これめっちゃうまい😆😆‼️」
と、大喜びでした(笑)

安心したようなので、予備として耳のついたものを一切れと、サンドイッチ用2枚、耳も2枚分を持たせました。

DSC_4485.JPG

多かったら先生に味見として食べてみてもらったら良いよ、と伝えて持たせたのですが、無事に調理実習を終え、先生にもお味見を喜んで貰えたようですし、持たせた給食もペロリと食べて帰ってきました😊

何度か調理実習はありましたが、その度に早めにお知らせがあり、原材料も直前にはなりますが、購入したらすぐにパッケージと原材料を印刷してくださいました。

持たせないといけないものや、注意が必要な食材もありますが、子どもも高学年ですし、事前に話し合いがちゃんとできていれば、アレルギーがあっても調理実習を一緒に行うことができる場合もあると思います。

あくまでも、我が子の通う学校の場合ではありますが、事前のやり取りなど、ご参考になれば嬉しいです🎵



同じカテゴリのブログと繋がれるように、ランキングに参加しました。
よろしければクリックして応援してください🎵

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 宝塚(市)情報へ
にほんブログ村
posted by zukalle at 05:00| Comment(2) | メンバーの話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントさせて頂きます。ある日の事、手首に虫刺され?のような物を発見!とりあえず手持ちの塗り薬を塗りました。が翌朝さらに悪化!日曜日と言う事もあり大病院の救急外来へ。診断はじんましん。原因はインスタント味噌汁に使われていたヒラタケと言うキノコでした。
Posted by 幸恵 at 2020年03月08日 20:02
>幸恵さん

コメントありがとうございます。
じんましんは原因がわからないこともありますが、特定できて良かったですね。
Posted by zukalle at 2020年03月08日 22:02
コメントを書く
コチラをクリックしてください