2017年09月30日

開催のご案内です


朝晩がすっかり涼しくなり、日が落ちるのも、だんだんと早くなってきました。
季節が進んでいくのを感じますね。

運動会や音楽会など、毎日の学校生活が一番忙しい二学期ですが、季節の変わり目、親子ともに体調には充分気をつけて、元気に過ごしたいですね(*^^*)


さて、次回の「Zukalleひろば」開催のご案内です。

アレっ子を育てていく中での不安や悩み事があれば、Zukalleひろばでお喋りしてみませんか?

入学説明会が開催される頃です。
学校にどんな事を伝えれば良いのか、どんな対応をしてもらえるのか、など、気になることもあると思います。

小さな事でも構いません。
独りで悩まずに、ぜひ、お話を聴かせてください。
参加者みんなで楽しくお喋りして、少しでもスッキリさせましょう(*^^*)



●日時 

10月30日(月)10時~12時

●場所 ぷらざこむ1内の活動スペース
(個室ではありません。テーブルとイスのあるオープンなスペースの一部をお借りするかたちです)

兵庫県宝塚市売布東の町12-7

宝塚市大型児童センター フレミラ のお隣で
宝塚市ボランティア活動センター(宝塚市社会福祉協議会)の入っている建物です。

飲食可能なスペースもあります。

駐車場、駐輪場もありますが、最寄りの売布神社駅からも徒歩5分程度です。

※駐車場は一方通行を入ってすぐの右側がぷらざこむ1の駐車場になります。
建物内で清算するかたちなので、入場券はお持ちいただき、ボランティアセンター奥の受付で印鑑をもらってください。
帰りに同じ場所で駐車料金を支払い、番号を入力して出庫します。

●費用 無料です。



開催日の時間内に、メンバーがお喋りに集まっていますので、ご都合のつく方はぜひ、いらしてくださいね♪

小さなお子さま連れも、小中高生の保護者の方も、アレルギーに関心がある方はどなたでも、ご参加をお待ちしています(*^^*)

また、ぷらざこむ1は市外の方でもお越しいただける場所なので、宝塚以外の学校給食の話なども聞かせていただけると嬉しいです。

気軽に情報交換しましょう♪

参加のお申し込みは、必要ありません。時間内に来ていただければ、遅れても早退しても短時間でも、大丈夫です。
ご都合の良い時間に、お気軽にいらしてくださいね(*^^*)

目印はトップにある画像の「Zukalleひろば」と同じものが置いてあるテーブルです。

活動スペースの一番奥が空いていれば、お子さんを遊ばせる場所も確保しやすいのですが、空いていない時もあるので、場所は毎回まちまちです(^_^;)

目印を探してみてくださいね(*^▽^*)

お問い合わせなどは

Zukalleひろば zukalle@gmail.com までお気軽にどうぞ。

お待ちしています(*^^*)

posted by zukalle at 08:01| Comment(0) | 通常開催案内 | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

アナフィラキシーショック抑える物質を発見


メンバーからの情報です。

アナフィラキシーショック抑える物質を発見

とURLを送ってくれました。

ホームページによると、

アナフィラキシー反応(アナフィラキシーショック)を抑える物質を発見したと東京大学大学院の研究グループが2017年4月27日に発表した。
アナフィラキシーショックは、ハチに刺されたときや食物アレルギーで起こり、しばしば重篤な症状が現れる。
同グループでは今回の研究が治療法の開発につながることが期待されるとしている。

と、あります。

アナフィラキシーショックをおこすような可能性のある、重度のアレルギーがある場合、エピペンを処方されますが、このような研究が進むと、新しい治療法につながる期待がもたれますね。

posted by zukalle at 08:25| Comment(0) | アレルギー情報 | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

注射1回で!?


メンバーからの情報です。

Facebookより!実用化される日がくるといいね!

と、画像を送ってくれましたが、そのままをお伝えできないので、一部をご紹介させていただきますね。

「喘息や命にかかわるアレルギーなどの重篤なアレルギー疾患の患者が、生涯にわたって、症状が出ないように免疫反応を止めることができる注射が、10年以内に実用可能になる見込み」

以下、英文ですが、リンクをご紹介しておきますね。


アレルギー反応を抑えるのに、色んな研究がされていますが、安全に実用化されるまでには、人の労力や時間、他にもどれだけのものが費やされているんでしょうか。

今ある抗アレルギー剤も、たくさんの研究と治験の積み重ねで処方されていると思うと、「いつもの当たり前のお薬」だけではない感謝の気持ちもわいてきますね。

posted by zukalle at 16:40| Comment(0) | アレルギー情報 | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

全県にアレルギー拠点病院が!


メンバーからの情報です。

全県にアレルギー拠点病院 厚労省が報告書案

アレルギー拠点病院、兵庫はどこになるんだろう?

と、URLを送ってくれました。

アレルギーと言っても、皮膚科で皮膚の治療が必要なのか、負荷試験をうけて、経口免疫療法を始められるのか、花粉症なら耳鼻科かな、など、どこに診てもらえば良いのか、悩む事もあります。

拠点病院ができれば、院内の専門科で連携した治療が受けられるようになりそうですし、ホームページによると、

現在、国の中心的な病院としては、国立成育医療研究センター(東京都)と国立病院機構相模原病院(相模原市)がある。都道府県の拠点病院は、これらの病院とも連携し研修などを行う。

との事なので、地域による治療の格差が小さくなっていくのではないでしょうか?

信頼できる医師と出会い、治療を進めていくまでに、いくつも病院を転々としたという話も聞くので、こういう拠点病院ができれば、総合して診て貰えるので、嬉しいですね。

posted by zukalle at 19:13| Comment(0) | アレルギー情報 | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

ボランティア体験の振り返り会~交流会編~


8月29日(火)の調理実習の続きです。

クッキングルーム隣の会議室で、ボランティアセンターのお二人が、期間内に行われたボランティア体験の内容を、そこに参加した子ども達に聴いていきます。

8/21
・タピオカ粉でわらび餅作り
➡Zukalleひろばの初調理実習でした。詳細はこちら➡☆☆☆

8/22
・認知症の話
➡オレンジリングを持っている子も。
・夕暮れコンサートの看板作り
➡かき氷の絵を描いた。

8/24
・ベルマークの集計
➡企業ごとに分ける、東日本大震災で被災した小学校に送る。

8/25
・みんなボランティアの取材
・盲導犬の話
・おかいものボランティア


一人の子が幾つものボランティア体験に参加しているようで、そういう子が何人かいました。
ボランティアに積極的に参加できるなんて、素晴らしいことですね!

また、ボランティア体験の受け入れ先と、その定員が少ないことや、前にはあったという、手話や点字をしたかった、という意見もありました。

Zukalleひろばからも、タピオカ粉でわらび餅作りに申し込んだけど、参加できなかった子はいますか?と聞いてみたところ、数人の手が上がっていました(^_^;)

メンバーの子ども達と一緒の活動になるのと、初めての調理実習だったのもあり、定員が少なくて申し訳なかったなぁと思います。

せっかくたくさんの子ども達が参加しているので、Zukalleひろばがボランティア体験の受け入れをするなら、どんなことが出来ると思うか、意見を貰えたらなと思い、順番に聴かせてもらいました。

まさか、自分が意見を求められると思ってなかった子達はドキドキしていましたが(笑)ほとんどの子が意見をくれましたよ(*^^*)

・春休みの時のポスター、良かったと思う。詳細はこちら➡☆☆☆
・アレルギー対応のお菓子を作って、話を聴く。
・アレルギーの本を読む。
・お手紙に書いたり、ビラを配る。テイッシュと一緒に配る。病院で薬と一緒に配る。
➡この、チラシなどを配る案は結構出ました。
・アレルギーが出たときの症状を貼る。
・症状が出た後の対応なども知ってもらう。
・アレルギーが多いものランキングを作ってみる。

などなど。
私たちZukalleひろばのメンバーの大人達だけでは出ない意見もあったので、聴かせて貰えて良かったなと思います。

また、実習生のお二人からは、こんな意見ももらいました。

・作ったポスターを終わりの会で見てもらい、教室に掲示してもらう。
・アレルギーを理解してもらい、食べられるものを食べてみてもらう。
・参加者が伝え役になる。
・アレルギーがある側も伝えられるように、ない側も傾聴、伝える場を設ける。
・自身がアレルギーに無知だったので、小学生の頃の代替食など、羨ましさがあった。

などなど、こちらもとっても参考になる意見をいただけたので、子ども達の意見と併せて、今後の活動の参考にさせていただこうと思います。

やはり、まだまだアレルギーに関しての具体的な知識がなく、本や紙芝居などで「知ってもらう」事が大切だと感じました。

また、調理実習がしたい、という気持ちも伝わりました(*^^*)

普段なかなかお家で作る機会が少なくなっているのか、今回の調理実習をとても楽しみにしていた子は多かったようなので、また、考えてみたいと思います。

夏休み終盤の1日、Zukalleひろばとしては初めての調理実習、メニューや分量決め、買い出しなど、色々大変なこともありましたが、怪我や事故もなく、無事にやり終えた事で、メンバー一同、ホッとしているところです。

また、皆で乗り越えてこれたことで、1つ、ステップアップ出来たように思います(*^^*)

良い経験をさせていただけたと思います。

ボランティアセンターの皆様、場所を提供くださる、ぷらざこむ1の皆様、参加申し込みをしてくれた子ども達、付き合わされた(笑)メンバーの子ども達、そして、メンバーの皆、本当に本当に、ありがとうございました(*^▽^*)

そして、お疲れ様でした(*^^*)
posted by zukalle at 11:37| Comment(0) | その他の活動報告 | 更新情報をチェックする