2016年06月21日

市民公開講座に行ってきました

6月11日(土)の第18回 宝塚市立病院 市民公開講座に、メンバーと行ってきました!

1部の「明日から使えるスキンケア」では、皮膚・排泄ケア認定看護師の黒木亜希子さんのお話を聴きました。

この、認定看護師さんですが、黒木さんのお言葉をお借りすると、非常にマニアックだとの事ですが、専門的な知識、経験をお持ちの方に限られたものです。
県内に87名おられ、市内には6名、市立病院には3名おられるとのことでした。

スキンケアというと、「女性の顔のお手入れ」と思われがちですが、乳幼児から高齢者まで、男女問わず全ての人に必要なお手入れで、これからの季節に特に気をつけたい紫外線はもちろん、化学物質や微生物、アレルゲンからも体を守ってくれる、潤いのある皮膚を保つために、大切なお手入れだと学びました。

過度な清潔習慣や、空調による乾燥、加齢によるもの、などなど、皮膚が乾燥しやすい環境で生活していると、お手入れをきちんとしていないと、ドライスキンと呼ばれる状態になってしまい、皮膚の隙間からアレルゲンや化学物質などが入ってしまい、皮膚障害が起こりやすくなってしまうそうです。

皮膚を清潔に保つ、保清
皮膚の乾燥を防ぐ、保湿
皮膚を刺激からまもる、保護

この「3つの保」を心がけて、皮膚を健康な状態に保つことをスキンケア、というそうです。

私自身、秋頃からの乾燥の季節には多少、意識していますが、梅雨真っ只中のこの時期は、かなり手抜きなお手入れだったので、冷房などもありますし、季節を問わず、しっかりとお手入れしておかないとな、と思いました。

他にも、保湿剤の適切な量や塗り方についてのお話や、紫外線予防の大切さ、おすすめの入浴方法など、聴かせていただきました。

休憩を挟んで、2部の「そうだったのか!あなたの知らない身近なアレルギーの話」では、皮膚科部長 山本哲久先生のお話を聴きました。

即時型アレルギーのじんましんは、通常24時間程度で消えるが、皮膚だけでなく、粘膜にも生じることがあり、呼吸困難を起こすことがあることや、遅延型アレルギー、アナフィラキシーについてもお話がありました。

アナフィラキシーについては、数秒から30分以内に症状が現れ、生命にかかわる場合もあると、実際にあった症例のお話もありました。

また、食事依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)のお話もあり、原因食物の半数以上が小麦との事だったので、小麦アレルギーでアナフィラキシーの経験があるわが子は、気をつけておかないといけないなと引き締まりました。

他にも、ラテックス・フルーツ症候群、口腔アレルギー症候群のお話があり、花粉アレルギーとの交差反応のお話では、ハンノキやヤシャブシに多く、中でもオオバヤシャブシが六甲山系に多く生息してるため、阪神間では全国に比べても多い、1000人に一人の割合だということでした。

花粉やラテックスと交差反応を示す食品や、金属を多く含む食品のこと、食品中のダニによるアナフィラキシーのことなど、聴かせていただきました。

講演後、質疑応答もあり、褥そう(床擦れ)で気をつけること、花粉症などのお薬についての不安や、寒冷じんましんのことなど、時間の限り、こたえてくださっていました。

今回、アレルギーに関することだったのもあり、初めて市民公開講座に参加させていただいたのですが、100名を越える方が参加しておられたので、関心・意識の高さに驚きました。

アレルギーは身近なもので、でもあまり良くはわかってもらえていないのでは?と感じることもあるので、このような場に足を運んでくださる方がいらっしゃるのは、とても嬉しく思いました。

また、開場から開演までの間に、Zukalleひろばのチラシを配らせていただいたのですが、受付の方にも「素晴らしい取り組みですね」と言っていただき、ホールの外でチラシを配ることを快諾いただけたことはもちろん、1部お持ち帰りくださいました。

本当にありがとうございました。

まだまだ、小さなアレルギーサークルですが、フットワークが軽く(笑)素敵なメンバーとも出逢えました。

これからも地道に活動を続けていくつもりですので、ご興味のある方はぜひ、Zukalleひろばにも足を運んでくださいね(*^^*)

長い記事を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
posted by zukalle at 17:41| Comment(0) | その他の活動報告 | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

アレルギーとスキンケアの市民公開講座が開催されます

日差しが強く、暑い日が多くなってきましたね。

地域の掲示板で、アレルギーの市民公開講座が案内されていたので
お知らせします。

第18回 宝塚市立病院 市民公開講座

日 時: 6月11日(土)14時~15時30分(開場13時30分)

場 所: ソリオホール(ソリオ1の3階)

テーマ: アレルギーとスキンケア

演 者: 明日から使えるスキンケア

    皮膚・排泄ケア認定看護師 黒木 亜希子

    そうだったのか!
    あなたの知らない身近なアレルギーの話

    皮膚科部長  山本 哲久

申込み:不要

参加費無料


詳しくは宝塚市立病院のホームページ

第18回 宝塚市立病院 市民公開講座 アレルギーとスキンケア

をご覧ください。


スキンケアは、アレルギーと関係が深いと言われていますし、勉強しに、行ってみたいと思います。
posted by zukalle at 11:52| Comment(0) | お知らせなど | 更新情報をチェックする