宝塚の「Zuka」アレルギーの「alle」公共の集まれる場という「広場」

から、「Zukalle(ヅカーレ)ひろば」とつけました。

気軽にアレルギーに関することをお喋りしましょう♪

ぷらざこむ1での開催になり、市外の方も来ていただけるようになりました!

不定期ではありますが、毎月1回開催していますので、開催案内から

日時をご確認の上、お気軽にご参加くださいね!お待ちしています♪

2017年09月04日

ボランティア体験の振り返り会〜交流会編〜


8月29日(火)の調理実習の続きです。

クッキングルーム隣の会議室で、ボランティアセンターのお二人が、期間内に行われたボランティア体験の内容を、そこに参加した子ども達に聴いていきます。

8/21
・タピオカ粉でわらび餅作り
➡Zukalleひろばの初調理実習でした。詳細はこちら➡☆☆☆

8/22
・認知症の話
➡オレンジリングを持っている子も。
・夕暮れコンサートの看板作り
➡かき氷の絵を描いた。

8/24
・ベルマークの集計
➡企業ごとに分ける、東日本大震災で被災した小学校に送る。

8/25
・みんなボランティアの取材
・盲導犬の話
・おかいものボランティア


一人の子が幾つものボランティア体験に参加しているようで、そういう子が何人かいました。
ボランティアに積極的に参加できるなんて、素晴らしいことですね!

また、ボランティア体験の受け入れ先と、その定員が少ないことや、前にはあったという、手話や点字をしたかった、という意見もありました。

Zukalleひろばからも、タピオカ粉でわらび餅作りに申し込んだけど、参加できなかった子はいますか?と聞いてみたところ、数人の手が上がっていました(^_^;)

メンバーの子ども達と一緒の活動になるのと、初めての調理実習だったのもあり、定員が少なくて申し訳なかったなぁと思います。

せっかくたくさんの子ども達が参加しているので、Zukalleひろばがボランティア体験の受け入れをするなら、どんなことが出来ると思うか、意見を貰えたらなと思い、順番に聴かせてもらいました。

まさか、自分が意見を求められると思ってなかった子達はドキドキしていましたが(笑)ほとんどの子が意見をくれましたよ(*^^*)

・春休みの時のポスター、良かったと思う。詳細はこちら➡☆☆☆
・アレルギー対応のお菓子を作って、話を聴く。
・アレルギーの本を読む。
・お手紙に書いたり、ビラを配る。テイッシュと一緒に配る。病院で薬と一緒に配る。
➡この、チラシなどを配る案は結構出ました。
・アレルギーが出たときの症状を貼る。
・症状が出た後の対応なども知ってもらう。
・アレルギーが多いものランキングを作ってみる。

などなど。
私たちZukalleひろばのメンバーの大人達だけでは出ない意見もあったので、聴かせて貰えて良かったなと思います。

また、実習生のお二人からは、こんな意見ももらいました。

・作ったポスターを終わりの会で見てもらい、教室に掲示してもらう。
・アレルギーを理解してもらい、食べられるものを食べてみてもらう。
・参加者が伝え役になる。
・アレルギーがある側も伝えられるように、ない側も傾聴、伝える場を設ける。
・自身がアレルギーに無知だったので、小学生の頃の代替食など、羨ましさがあった。

などなど、こちらもとっても参考になる意見をいただけたので、子ども達の意見と併せて、今後の活動の参考にさせていただこうと思います。

やはり、まだまだアレルギーに関しての具体的な知識がなく、本や紙芝居などで「知ってもらう」事が大切だと感じました。

また、調理実習がしたい、という気持ちも伝わりました(*^^*)

普段なかなかお家で作る機会が少なくなっているのか、今回の調理実習をとても楽しみにしていた子は多かったようなので、また、考えてみたいと思います。

夏休み終盤の1日、Zukalleひろばとしては初めての調理実習、メニューや分量決め、買い出しなど、色々大変なこともありましたが、怪我や事故もなく、無事にやり終えた事で、メンバー一同、ホッとしているところです。

また、皆で乗り越えてこれたことで、1つ、ステップアップ出来たように思います(*^^*)

良い経験をさせていただけたと思います。

ボランティアセンターの皆様、場所を提供くださる、ぷらざこむ1の皆様、参加申し込みをしてくれた子ども達、付き合わされた(笑)メンバーの子ども達、そして、メンバーの皆、本当に本当に、ありがとうございました(*^▽^*)

そして、お疲れ様でした(*^^*)
posted by zukalle at 11:37| Comment(0) | 開催報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

ボランティア体験の振り返り会〜調理実習編〜

8月29日(火)、21日のZukalleひろばだけでなく、期間中の他の様々なボランティア体験に参加した子ども達と、意見交換の振り返り会をしました。

こちらも、一緒にお昼ご飯を作って食べた後、振り返り会をしたのですが、
「何かアレルゲンを除去して考えたもので」
とボランティアセンターから依頼がありましたので、メンバー皆で一生懸命、考えました!

⚫鶏胸ハム(パッククッキング)
・鶏胸肉
・塩
・カレー粉

⚫米粉マカロニトマトソース
・米粉マカロニ
・トマト缶
・玉ねぎ
・マッシュルーム
・しめじ
・なす
・にんにく
・オリーブオイル
・バジル
・塩
・こしょう
・きび砂糖

以上の材料で作りました。

メンバー5名、メンバーの子ども達9名、ボラセンの方2名、実習生2名、期間中の様々なボランティア体験に申し込んで体験した子ども達17名、計35名での開催になりました(*^▽^*)

本格的な調理実習は初めてで、これだけの人数の子どもを受け入れて、無事に出来るのか、分量もどれくらいが適当なのか、家で試しに作ってみたりして、買い出しの量を計算しました。

食材が決まると、どこが安いか、メンバーの買い物のついでにチェックして回ったり、安くても色々と添加物が入っているような物は避けられるように、予算内で出来るだけ良い物を揃えられるように、頑張りました!

そして当日、5つの班に分けて、調理をしました。

DSC_1494~01.jpg

にんにくと玉ねぎをみじん切りに。

「涙が出る〜(T∀T)」

と言いながら、普段は包丁をなかなか持たせて貰えない子達も、頑張りました。

DSC_1495.JPG

にんにくを炒めている間に、玉ねぎをみじん切りに、それをフライパンに入れたら、次はマッシュルームとなすをみじん切りに。

皆で切る人、炒める人、交代で体験していきます。

鶏胸ハムは前日からメンバーが塩とカレー粉で味をつけていたので、当日は高密度ポリ袋のまま、お湯に入れて湯がいただけなのですが、カレー味の方以外は、ポリ袋の中にたまった美味しい湯で汁のスープも、使います。

トマト缶を入れたら、美味しい鶏胸ハムのスープと塩こしょうときび砂糖、バジルも入れて味を調えて、鶏胸ハムを湯がいていた鍋のお湯を、マカロニを湯がく為に沸かし直しました。

キッチンタイマーが1つしかなかったので、どの班も一斉に鍋に投入!

DSC_1496.JPG

DSC_1497.JPG

マカロニが湯がけるのをカウントダウンして(笑)お皿に自分が食べられる量を入れてもらい、お野菜たっぷりのトマトソースをかけて、鶏胸ハムを乗せて、完成です(*^^*)

DSC_1498.JPG

当日来れなくなった人も居たので、沢山あまってしまいましたが、残りは全部混ぜ合わせました。

DSC_1499.JPG

皆で席について、いただきます!

普段はマカロニが嫌いな子も、自分で作ったのは美味しかったのか、おかわりしていつもの倍の量を食べたり、大人の一人前よりも多い量をペロリと食べている子もいましたw(゜o゜)w

メンバーやボラセンの方の子どもの頃の給食の話や、今の給食の話、アレルギーの事なども少しお喋りしながら、楽しく食べることができました。

普段、小麦のマカロニを食べ慣れている人には、米粉のマカロニは、もちもちして、重たかったかもしれませんが、その、「もちもち」が美味しい!という声もいただきました。

食べ終えた後は、洗い物をして、キッチンルームを片づけ、振り返り会にうつります。

長くなったので、分けますね。


posted by zukalle at 14:06| Comment(0) | 開催報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

開催のご案内です


夏休みも後少し、新学期に向けての準備もそろそろとりかかりたい時期ですね。

蝉の勢いもいつの間にか衰え、季節が進んでいるのを感じます。


さて、次回の「Zukalleひろば」開催のご案内です。

アレっ子を育てていく中での不安や悩み事があれば、Zukalleひろばでお喋りしてみませんか?

小さな事でも構いません。独りで悩まずに、ぜひ、お話を聴かせてください。

参加者みんなで楽しくお喋りして、少しでもスッキリさせましょう(*^^*)



●日時 

9月26日(火)10時〜12時

●場所 ぷらざこむ1内の活動スペース
(個室ではありません。テーブルとイスのあるオープンなスペースの一部をお借りするかたちです)

兵庫県宝塚市売布東の町12-7

宝塚市大型児童センター フレミラ のお隣で
宝塚市ボランティア活動センター(宝塚市社会福祉協議会)の入っている建物です。

飲食可能なスペースもあります。

駐車場、駐輪場もありますが、最寄りの売布神社駅からも徒歩5分程度です。

※駐車場は一方通行を入ってすぐの右側がぷらざこむ1の駐車場になります。
建物内で清算するかたちなので、入場券はお持ちいただき、ボランティアセンター奥の受付で印鑑をもらってください。
帰りに同じ場所で駐車料金を支払い、番号を入力して出庫します。

●費用 無料です。



開催日の時間内に、メンバーがお喋りに集まっていますので、ご都合のつく方はぜひ、いらしてくださいね♪

小さなお子さま連れでも、小中高生の保護者の方でも、アレルギーに関心がある方はどなたでも、ご参加をお待ちしています(*^^*)

また、ぷらざこむ1は市外の方でもお越しいただける場所なので、宝塚以外の学校給食の話なども聞かせていただけると嬉しいです。

気軽に情報交換しましょう♪

参加のお申し込みは、必要ありません。時間内に来ていただければ、遅れても早退しても短時間でも、大丈夫です。

ご都合の良い時間に、お気軽にいらしてくださいね(*^^*)

目印はトップにある画像の「Zukalleひろば」と同じものが置いてあるテーブルです。

活動スペースの一番奥が空いていれば、お子さんを遊ばせる場所も確保しやすいのですが、空いていない時もあるので、場所は毎回まちまちです(^_^;)

目印を探してみてくださいね(*^▽^*)

お問い合わせなどは

Zukalleひろば zukalle@gmail.com までお気軽にどうぞ。

お待ちしています(*^^*)
posted by zukalle at 17:24| Comment(0) | 開催案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

ご紹介からの、参加者


8月21日(月)のボランティア体験の受け入れの後、メンバーと子ども達で一緒にお昼を食べてお喋りをしていたのですが、メンバーの友人の紹介で、Zukalleひろばに問い合わせて下さった方も、ご一緒しました(*^^*)

1年生のお子さんとお母さんで、食物アレルギーというよりは、お肌の事、アトピーで悩んでおられました。

メンバーにも経験者がいるので、色々とお喋りができて、来て良かった!と言っていただけました(*^^*)

お子さんも、最初は初対面のメンバーの子ども達に、ちょっと控えめな感じでしたが、いつの間にか一緒に遊んでいました。

夏休みなどでないと、メンバーの子ども同士が会うことは、なかなかないのですが、異年齢の子どもの交流も、刺激になって良いですね!

今回のように、開催をブログでご案内していなくても、お喋りに来ていただける機会がある場合があるので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

posted by zukalle at 05:42| Comment(0) | 開催報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

夏休みボランティア体験受け入れ


8月21日(月)、春休み子どもボランティア体験受け入れに続いて、夏休みボランティア体験の子どもの受け入れをしました。

今回は、アレルギー27品目を不使用の「タピオカ粉でわらび餅」を一緒に作りました。

冷やしている間に、アレルギーについて、少しでも知ってもらえればと思い、アレルギーの紙芝居を観てもらいました。

メンバーのお子さんが通う学校でも紹介された、
「たまごのたまちゃんのなりたかったもの」というお話です。

春休みボランティア体験受け入れの際にも、
「何か調理実習をして欲しい」
と要望があったのですが、Zukalleひろばとしてぷらざこむ1で開催させていただくようになって、まだ間もなかったですし、内容を考えるにも時間が全く足りず、調理実習は見送る事にしました。

ですが、次はやってみよう!とメンバーで話し合い、どんなものならアレルゲンを少なく、安全に作って食べることができるか、と、案を出し合いました。

その中で、メンバーが普段のおやつに作っているもので、さらに、内容を工夫して、アレルゲンを減らす事を考え、タピオカ粉わらび餅に決まりました。

わらび餅と言えば、定番はきなこなのですが、それだと大豆にアレルギーがある場合は食べられません。

ですので、今回はきな粉は使いませんでした。

⚫タピオカわらび餅
・タピオカ粉
・きび砂糖
・はちみつ
・レモン


申し込んでくれた子ども5名、メンバー4名と、メンバーの子ども7名、合計16名で5つの班に分かれて、一緒に作って、食べましたよ(*^^*)

もちろん、そのまま食べても甘味があるので、美味しくいただけますが、濃い味に慣れている場合は、ちょっと甘さが物足りないかもしれませんね(^_^;)

たくさんレモンをかけすぎて、食べられないと言っている子もいましたが、はちみつレモン、大人には好評で、さっぱりと美味しくいただきました(*^▽^*)

片付けを終えて、感想を聞いてみましたが、混ぜるのが難しかった、美味しかった、楽しかった、など聞かせてくれました。

こちらからは、
・アレルギーがあると普段はどんな事に気をつけないといけないのか、ちょっと気にかけてみて欲しいこと

・学校で給食を食べられない子がいること

・一緒におやつを食べるときに、
「あの子はこれを食べられるのかな?」と
少し、アレルギーの事を気にかけてもらえるだけでも、とても嬉しいこと

などをお話させていただきました。

今回の事が、アレルギーの事を知る、考える、きっかけになれていれば嬉しいなと思います。

また、私たちも初めての調理実習(お水を計って入れて、混ぜるだけでしたが)で、至らないところもたくさんあったとは思いますが、とても貴重な良い経験をさせていただけたと思っています。

本当にありがとうございました。

DSC_1375~01.jpg
DSC_1376.JPG
DSC_1377.JPG
posted by zukalle at 07:53| Comment(0) | 開催報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする